マンション管理組合とマンション管理会社の違いについて マンションについて

マンション管理組合とマンション管理会社がごちゃごちゃして、どっちがどっちか分からなくなってしまうのでまとめてみました。

ここでいうマンションとは、マンション管理適正化法などの法律で定義されているマンションを示します。簡単にいいますと、マンションを大きく分けると賃貸マンションと分譲マンションになるかと思いますが、分譲マンションだけを指しております。分譲マンションの所有者が、そこへ住まないで、誰かに賃貸する場合も分譲マンションに含まれます。

賃貸マンションは、賃貸マンション1棟の持ち主が各部屋を賃貸するケースで、建物は所有者である持ち主のものとなります。分譲マンションでは、マンション管理適正化法によるマンションに該当する場合がほとんどです。分譲マンションの場合は、持ち主は各お部屋のオーナーである所有者です。賃貸マンションとは異なり、誰かが1棟を所有しているのではありません。分譲されている各お部屋のオーナーがそのマンション全体を全員で所有しているわけです。

細かい話をしますと難しいので、分譲マンションの説明はこのくらいにしておきます。

分譲マンションは、先に申しました通り、各お部屋のお部屋のオーナーがお部屋(専有部分)に対して所有権を有しております。いわゆる持ち主です。ただ、マンションの建物(専有部分以外の建物の部分)は、マンションを買った人たちの共有物となります。民法上、建物を共有しているという状態になります。また、マンションが立ててある敷地なども買った人たちで共有します。マンションによっては、付属施設(集会室)、駐車場のための土地などもマンションの建物や敷地に含めていることもあります。

ですので、建物や敷地などの管理は全員でやっていこう。やっていかなければならない。よく考えれば所有者全員で維持管理をしていかなければならないのです。その管理する団体が、管理組合となります。分譲マンションでは、管理組合は当然に設立され、分譲マンションを買った人は、管理組合の構成員である組合員に法的に強制的になります。中古を含め分譲マンションを購入した場合は、管理組合に入ったこととされ、売却して所有権を手放すまで脱退することはできません。

分譲マンションを購入すると管理組合に入ったということになり建物や敷地等の管理をしていかなくてはなりません。一人でやるのか?もちろん一人ではやりません。そのマンションを購入している人たちと一緒に管理していきます。そのマンション管理組合の形態にもよりけりですが、管理組合を法人化することもできますし、監査委員会を置くこともできますし、理事会を置くことができます。

管理組合は、専有部分以外の建物の部分や敷地などを管理していきますが、住民であり、マンション購入者であり、専門的な知識を有しているとは限りません。建物の知識や管理の技術をもっている人たちばかりでしたら、今までお話しした管理等は、スムーズに行えると思います。

しかし、大概のマンションではそのような方ばかりでなく、また、管理等に精通した方がいたとしても、仕事もありみんなの代表として動くとは限りません。そこで、存在しているのがマンション管理会社です。

マンション管理会社は、管理組合がすべきお仕事を委託業務として受け、管理組合から委託業務費というお金をもらって管理組合のお仕事を代行する会社です。一応プロです。大抵のマンションでは、管理会社に管理組合の仕事をお金を払って行わせています。

管理組合の会計、決算、定期総会の準備、書類の閲覧、清掃、管理員業務などがあります。マンション管理会社を必ず依頼しなければならないというわけではなく、管理組合の任意の判断で行えます。

管理組合は、概ね分譲マンションであれば法的に必ず設立され、購入した所有者となる人はその組合員となります。(売却し所有権がなくなるまでは脱退、加入しないという選択はできません)。

マンション管理会社は、マンション管理組合からマンション管理のお仕事を委託してマンション管理組合のお仕事を代わりの行う会社の事です。

Follow me!